仮想通貨の歴史的事件まとめ

仮想通貨で過去に起きた事件を詳しく解説しています。過去の事件・出来事から教訓を学び、今後の取引に生かしましょう!

どこが安全?セキュリティ・安全性が高い仮想通貨取引所を解説

安全な取引所の選び方

取引所を比較するポイントは?

仮想通貨を取り扱うには、どうしても仮想通貨取引所を利用しなくてはいけません。しかし、取引所の数は海外も含めると結構多いです。その中で自分に合った取引所を選ぶ必要があります。取引所を選ぶ際には、多くの比較ポイントがあるので一つずつ簡単に見ていきましょう。

安全性

仮想通貨取引所を選ぶ際に、最も注意すべき点だと考えています。これまでも多くのハッキング事件が発生してきました。その度に、被害に遭ったユーザーは資産を失っていき、世間の仮想通貨に対する印象も悪くなっていったのです。補償されるとしても、元通りの金額で戻ってくることは少ないです。下手したら一切戻ってこない可能性も充分にあり得ます。

そんな状況に陥らないためにも、安全性に関しては最重要項目として調べましょう。どのようなセキュリティ対策を立てているのかは非常に重要で、保管しているのがホットウォレットなのかコールドウォレットなのかも重要です。今までハッキング被害に遭った取引所は、ホットウォレットばっかだったからです。

対応通貨の種類

現在、仮想通貨の数は1600種類以上とされています。取引所と言っても、全ての通貨を取り扱っている訳ではありません。取引所によって対応している通貨は違うのです。登録した取引所で気になってる通貨を扱っていなかったら意味がありません。ちゃんと確認しましょう。

サポート内容

どのようなサポート制度を設置しているのかは非常に大切です。問題が起こった際に、ユーザーに対してどのようなサポートを実施するのか、問い合わせに対して迅速な対応をしてくれるのか、フリーダイヤルなど緊急時に対応してくれる部署はあるのか、そういった部分を豊富に取り揃えている取引所は安心しても良いでしょう。同時に、問題発生時の補償内容も確認しておくのも重要です。

口座開設や取引のスピード

仮想通貨業界が過熱してしまったことによって、取引所での新規口座開設が出来ないことがありました。あまりに申込者が多くてパンクしてしまったのです。今では落ち着きを取り戻したので、そんなに時間は掛からないと思います。そのため、現状で口座開設に時間が掛かると呼びかけられている取引所は内部的に問題がある可能性が出てくるでしょう。

取引時のスピードも気にするべき部分です。仮想通貨はスピードが命です。一瞬の間に資産が増えたり減ったりしてしまいます。自分が取引したい!と思った時に取引所がしっかりと稼働していなければ意味がないのです。余程の事情がなければ、仮想通貨の取引は迅速に行えます。そういった面も含めて情報収集することを推奨します。

安全性を確かめるポイントは?

各取引所の安全性を確かめるには、いろいろな方法があります。一番分かりやすいのは、会社の運営体制や経済状況に対しての信頼性の高さによる見極めです。

ここが高ければ高いほど、セキュリティを強化する余力があると推測されます。セキュリティに資産を回す余裕がある訳です。さらに、経営の安定は倒産や事務停止のリスクが低いことを意味します。特に注意して欲しいポイントは、以下のようなものになります。

金融庁の仮想通貨交換業認可

金融庁が主導している『仮想通貨交換業』の認可を受ければ、仮想通貨取引所として一定の基準をみなしていると認定されます。この認可を受けていない取引所は、『みなし業者』と呼ばれ、基準に達していないことを証明しています。簡単に言ってしまえば、医者の資格を持っていないのに病院を設立しているようなものです。一切の信用がないので、安全性はまったくと言っていいほどありません。最低限チェックする部分でしょう。

株主構成・資本金(財務状況)

株主構成が確認出来れば、どの会社が出資しているかが分かります。分かりやすいのは、大手銀行や大企業の出資です。大手であればあるほど、出資条件は厳しく通過する可能性は低いです。その審査に通過したということは、それだけ大きな信頼を寄せていることになります。資本金からも、出資企業がどれだけの金額を出資しているかが推定出来ます。資本金の高さは信頼の表れです。その信頼を裏切らないように、セキュリティ対策も万全に済ませるでしょう。

運営実績(年数・ユーザー数推移など)

運営年数やユーザー数は、多ければ多いほど人気で安全性が高いことが分かります。それだけ不祥事がなく、ユーザー離れも起こしていない訳ですから。古くから仮想通貨業界に参入していたり、ユーザーが安定して増えている取引所は一つの安全基準を満たしてると言えるでしょう。

その会社が取引所を始める前の事業が分かれば、その企業がどのようなノウハウを有しているかが分かります。取引所の運営には、金融関連サービス事業を行ってきたところが多く、それだけ金融関係のノウハウに長けているということです。ユーザーが求めているものや、問題発生時の解説方法など、その技術を生かした運営が出来ます。今後の取引所運営にも期待出来ますね。

ビジョン・情報発信

事業のビジョンをしっかりとユーザー側に発信しているかは非常に大切な要素です。更新を怠っていたり、会員限定のみへの発信を行っているであれば安全性に疑問を持ってしまいます。代表者がメディアやSNSを使って積極的な情報発信をしている取引所を利用しましょう。取引所の中には、投資情報を発信することでユーザーに還元しているところもあります。

顧客対応・保証サービス

ユーザー視点に立った考えを持っている取引所は信頼に値するでしょう。問題解決のための迅速な対応や、誠実な対応が出来るかどうかは大切です。問い合わせのために、フリーダイヤルを設けたり、トラブルの際の補償金制度を導入しているかなどからも推測出来るでしょう。

実装している技術

実際に取引所が実装しているセキュリティ技術が分かれば、どの程度の安全性があるか分かります。一番分かりやすい部分ですが、実際に発表している通りのセキュリティ技術を導入しているかは分かりません。ユーザー確保のために盛っている可能性もあります。そのセキュリティ技術を、ちゃんとした形で導入している証明があれば安全性は上昇します。

セキュリティの高い取引所を見分けよう

仮想通貨とハッキングは切っても切れない関係です。これまでも多くのハッキング事件が発生してきました。被害額も何百億円という規模の話です。しかも、これらの被害に遭った通貨のほとんどはユーザーの資産です。安心して預けたユーザーからしたら堪ったものではありません。取引所も補償問題に発展してしまうので、絶対に起こしたくない事件です。

そんな中でも、取引をするためには取引所を利用するしかありません。確かに、これまでの事件によって各取引所のセキュリティ対策も大きく進化しています。それでも確実なものはありません。少しでもハッキング被害を抑えれる取引所を選ばなければいけないのです。

各取引所がどのようなセキュリティ対策を行っているのか、しっかりと情報を入手しましょう。取引所の公式ホームページは当然のことですが、SNSによる発信情報や掲示板やコミュニティによる書き込みも重要な情報です。ただし、書き込みにはフェイク情報も含まれますので、慎重な目で見なくてはいけません。多くの情報を見比べてから答えを導き出しましょう。

オススメのサイト

国内・海外の取引所は非常に多いです。しかし、仮想通貨初心者にとっては、どの取引所を選べば良いのか分からないでしょう。そこで紹介したいのが『アゲアゲ仮想通貨』というサイトです。取引所を解説しているニュースサイトは結構多いのですが、その中でも本サイトは取引所を様々な観点から解説・比較してるので参考になります。

その他にも、あらゆるアルトコインが網羅されており、仮想通貨の基礎知識から各アルトコインのことも学ぶことが可能です。取引所だけではなく、仮想通貨全般のことを学びたいのであれば非常に心強いサイトです。初心者から中級者まで、是非とも参考にしてみてください。

まとめ

仮想通貨取引所にとって最も重要な要素は『安全性』です。ここに、しっかりとした基盤を築いている取引所は今後も伸びていくと予想出来ます。これからも、仮想通貨は大きな価値になっていくことでしょう。それを守ってくれる取引所を選ぶのは自分です。しっかりとした考えの上で利用してください。