仮想通貨の歴史的事件まとめ

仮想通貨で過去に起きた事件を詳しく解説しています。過去の事件・出来事から教訓を学び、今後の取引に生かしましょう!

流出・ハッキングが多い仮想通貨の安全性・将来性を考察

安全な取引所の選び方

仮想通貨が熱を帯びて日も経ちますが、未だに注目されている業界です。しかし、それは良い面だけではありません。記憶にも新しい、取引所に対するハッキング被害が多く発生しているのです。

その度に仮想通貨の評価は落ち込み、怖いものだという印象を与えてきました。では、このまま仮想通貨は終わっていくのでしょうか?個人的な意見を踏まえて見ていきましょう。

仮想通貨の将来性は?

2017年末から2018年の始めまでは、仮想通貨バブルとも仮想通貨元年とも称されるほど過熱した仮想通貨業化でした。しかし、その熱も少しずつ鳴りを潜めることとなりました。価格も下落傾向に陥り、度重なる規制も入るようになったのです。世界規模で規制が入ることもあり、2018年の中旬には非常に不安定な流れが多かったです。

特に、国内では仮想通貨取引所の流出事件が後を絶ちません。事件が発生する度に、価格は下落していき仮想通貨の信頼度も落ちてしまいます。しっかりとした対応や補償がされたからと言って、ハッキングされたという事実は重く受け止めなければいけません。では、仮想通貨はこれからどのようになっていくのでしょうか。

個人的には、そこまで暗い未来があるとは思っていません。これからも仮想通貨に関する規制は増えていくでしょうが、それ以上に仮想通貨の利用者数が増えていくと思います。仮想通貨決済も増えていますし、投資目的だとしてもアルトコインであれば伸びる価値は充分にあるからです。

仮想通貨によっては、専門性の強いものもあります。たとえば、ガンコインは銃器類を購入するのに決済方法として注目されています。クレジット決済が不可能な銃器類購入にとって、今後も利用客が増えていくと感じています。カナダでも合法的に利用が可能になった大麻に関する仮想通貨もあります。大麻という特殊なコミュニティを守るために作られた仮想通貨で、そのような理想は多くの利用者が期待していることでしょう。

ただし、仮想通貨業界というのは安定とは程遠い業界でもあります。少しネガティブなニュースが流れただけでも大きな下落が待っているからです。国内でも、ハッキング被害が発生しただけで多くの仮想通貨が軒並み下落していった事実もあります。世界規模で大きな規制が入ったとしたら、仮想通貨の価値がほとんどなくなってしまう可能性もあり得る訳です。

そのため将来性はあるものの、次の日にはまったく価値のないデータになってる可能性もある非常に不安定なものでもあると理解はしておきましょう。そのようなことになった時のために、これからも仮想通貨を取り扱っていこうと考えている人は、しっかりと情報を集めておくことを推奨します。瞬時に対応出来るくらいのスキルは持っておかなければいけません。

ビットコイン価格が***万円を越える

ビットコインの価格は大きく変動するものだと言われています。特に2017年は急騰を見せたことで仮想通貨元年とも比喩されるようになりました。それ以降は、徐々に価格を落としているものの、これから再び高騰するのではないかと予想されています。対する各方面の予測を見る感じ、ビットコインに対する期待感は高いままですね。では、2019年以降の価格予測がどのようになっているのか簡単に見ていきましょう。

予測①3年以内に500,000ドル

ウイルス対策ソフトとして人気のマカフィー創設者であるジョン・マカフィー氏によると、『ビットコインが3年のうちに50万ドル(2018年のレートで約5,600万円)になる』と予測しました。この発言は夏にしたのですが、その後の急激な値上がりがあったため、新たに『2020年までに100万ドルに達する』と予測値を2倍にしたのです。。

予測②2020年までに250,000ドル

BitGoのソフトウェアエンジニアであるジェイムソン・ロップ氏の予測だと、『ビットコインが2020年までに25万ドルに達する』としました。その予測は、2010年から7年間の日平均増加率を計算して割り出しており、信憑性も高めになっています。

予測③10年後には100,000ドル

サクソバンクのアナリストであるケイ・ヴァンピーターセン氏の予測は、『ビットコインは今後10年間で日平均5兆円の外貨為替市場の10%を占める』というものです。実は彼には実績があり、2017年にビットコインが2,000ドルになると予測し的中させた人物として有名です。彼によると、ビットコインは今後10年間で1BTC=10万ドルになると予測されているので楽しみですよね。

予測④最終的にはいくらになる?

この他にも多くの人がビットコインの価格予測をしていますが、実際のところはその時期が来るまでは分かりません。しかし、このまま何事もなく順調に進めば価格は上がり続けるという面は一致しています。ブロックチェーン技術やビットコインを、30年前に登場したインターネット技術と比較し、生活のあらゆるものを変化させる同じだけの能力を備えていると言われています。ネット無しでは生きられない、と同じようにビットコインが無いと生きてられないという時代になるかもしれませんね。

マイニングマシンが進化する

マイニングとは、簡単に言ってしまえば新しい仮想通貨を発掘する作業のことです。その発掘した人には特定の報酬が与えられるようになっています。たとえば、ビットコインのマイニングに成功したからマイニング報酬として1BTCを貰ったとします。それだけで、約70万(2018年10月時点のレート)の価値がある訳です。そのため、多くの人がマイニングに挑戦することとなりました。

しかし、マイニングというのは簡単に出来るものではありません。仮想通貨がまだ流行っていない時であれば発掘も比較的簡単でした。パソコンのスペックも家庭用で普通に出来ていたレベルです。ただし、マイニング報酬というのは一番最初に発掘した人にしか与えられないもでした。ということは、単純にパソコンのスペックが高ければ高いほどマイニング報酬が得られるチャンスだったということです。

その内、家庭用パソコンでは発掘出来なくなっていきました。周りの発掘スピードに追い付けなくなったからです。そして、ハイスペックパソコンが主流になっていき仮想通貨バブルが訪れました。すると、ビットコインをマイニングしようとする人も増えたのです。競争相手が急増したこともあって、ハイスペックパソコンですら一切マイニング出来ない状況になっていきました。

今では何百台ものパソコンでマイニングを行う業者も増えてきたこともあって、マイニングを委託することも増えてきたのです。しかし、個人でのマイニングも厳しい時代ながら大きな転機を迎えるかもしれません。マイニングに特化したパソコンも発売されていますし、個人向けマイニングサービスもスタートする可能性も充分にあります。少し値段も高いですが、通常の何百倍もの処理能力を有する部品も存在します。

個人でビットコインをマイニングするのは厳しいかもしれませんが、アルトコインであれば個人でも勝負出来るものも出てくるでしょう。マイニングにも大きな規制が入る可能性もありますが、今後も大きな利益を生むものだと感じています。もしマイニングを始めるのであれば、是非とも参考にしてみてください。

仮想通貨の規制が増える

仮想通貨は通貨として万能という訳ではありません。便利な反面、予期していない使い方にまで発展してしまうことがあります。今一番問題になっているのが、仮想通貨がテロリストの資金源になりやすいという面です。データという性質上、ハッキングが成功してしまえば簡単に莫大な資金を得ることが出来ます。ハッキングによって価格は下落するでしょうが、それでも充分な資金源として利用されるでしょう。

さらに、仮想通貨にはマネーロンダリングがしやすいという弱点もあります。実際に起きた事件ですが、あるイギリス人が犯罪者から1100万ユーロ相当のマネーロンダリングを目的とした『ビットコイン』を受け取りました。その後、ビットコインを自分の銀行口座を通して現金化に成功したのです。

最終的に、マネーロンダリングで入手した現金の一部を再び犯罪者たちへ送金したのですが、今回はそれで発覚してしまいました。逮捕されたイギリス人は、オランダにて刑務所行きの処罰が下されたのです。今回は逮捕から処罰まで上手くいきましたが、高等な手段を用いるプロのロンダリングには遅れを取ることもあります。

これを解消するために、多くの規制が入ることが予想されます。たとえば、台湾のジェイソン・スー氏は仮想通貨に対して明るい議員として有名ですが、仮想通貨を含めたマネーロンダリング規制を提案しているのです。すでにEUで行われている反マネーロンダリング対策に準ずる形で、仮想通貨交換所にもKYCや取引履歴の保管、報告の義務を徹底するというものです。

税法が改定される

仮想通貨の税制には多くの改定が行われると予想しています。2018年4月10日に日本ブロックチェーン協会が開催した『JBA仮想通貨部門定例会議』においても、税務の専門家有志が集まって協議されました。現状の税制に対する問題点と、それに対して今後の仮想通貨の税制についてです。JBA仮想通貨部門定例会議で協議された結果、以下のような内容が今後の課題として挙げられました。

  1. 仮想通貨で購入や交換をする際に、取得原価を移動平均や総平均法で計算、実現損益、課税対象額を計算することは実務上非常に困難
  2. 累進課税での税率が高くなり、FXや株式と異なって損失の繰延が不可能
  3. 取得原価が不明な場合、保守的に0評価となるため税負担が増大してしまう
  4. 仮想通貨間の交換では、対円での市場がないものがあり、円建価格の把握が困難で、損益計算が困難
  5. 海外での取引が多く、取引の補足が実務的に難しく、課税の公平性が大きく偏る

このような問題点を解決することによって、結果的に税収があがることが見込まれるとされています。問題は、どのような解決方法を実施するべきなのかということです。そこで挙げられた案が以下のようなものになります。

  1. 仮想通貨間の交換時点で課税せず、換金時に課税
  2. 少額取引の非課税
  3. マイニングにより取得した仮想通貨に対する課税を換金時へ
  4. 現状所得税及び住民税の税率(15%~55%)から先物取引、FXのように仮想通貨損益に対する税率を一律20%へ
  5. 先物取引、FXのように3年間の損失の繰越控除を可能にすること
  6. 取得費が不明な場合は、売却額の5%を取得費とすること

税法を改定することによって大きな進歩を得られる可能性があるのです。ただし、税法の改定では慎重を期さなければいけません。それでも、仮想通貨業界には多くの規制も入るようになってきているので、税法改定も時間の問題と言えるでしょう。

ブロックチェーンの技術が別分野で生かされる

既存のシステムにはない特徴のある『ブロックチェーン』技術は、仮想通貨以外のさまざまな分野で活用が見込まれています。どのようなものがあるのか見ていきましょう。

既存システムの置き換え

システムの構築や運用コストが低いため、『ゼロダウンタイム』が実現可能なブロックチェーン技術は、『金融』や『証券会社』などの金融業界をはじめとした多くの分野で導入が検討されています。たとえば、全国銀行協会では各銀行が共同でブロックチェーンを使える環境への移行を目指しています。決済システムとして利用することで、金融機関の運営コストは10分の1程度にまで下がると言われています。このように、既存のシステムに変わってブロックチェーンが基盤となるシステムが主流になっていくと考えられます。

シェアリングエコノミーの基幹システム

シェアリングエコノミーとは、『カーシェアリング『や『レンタルオフィス』などの『物・サービス・場所などを、多くの人と共有・交換して利用する社会的な仕組み』のことを指します。現在では、SNSを活用するなどして個人間での貸し借りを仲介するシェアリングサービスも登場しています。このシェアリングエコノミーに欠かせない本人確認情報を、ブロックチェーンで共有する試みが開始しています。

IoT時代のデータ管理

『IoT(Internet of Things)』とは、『モノのインターネット』という意味です。その名の通り、世の中に存在するいろいろなモノがインターネットに繋がることで、膨大な量のデータが収集・分析出来ることになります。ビジネスや社会全般において大きな革新をもたらすと期待されているのです。たとえば、積水ハウスのような不動産への応用や、食品のトレーサビリティなどが挙げられます。

賃貸住宅を借りる際、契約には多くの確認事項があります。個人情報だけではなく、金融機関による審査などもあります。ブロックチェーン技術を使うことで、それらのデータを全て管理することが可能です。この情報管理システムの構築が完成すれば、ミスが減るだけではなく迅速な取引が可能になります。

政府システム

『データ改ざんが困難である』『低コストでの運用が可能』『データ共有性』『ゼロダウンタイム』『トレーサビリティ』に優れているブロックチェーン技術は、政府システムとしての活用も視野に入れています。あの『マイナンバー』に対しても、ブロックチェーン技術導入を検討しているという報道も出ています。

総務省のホームページでのブロックチェーンに関する記事は、2018年3月25日の時点で464件にも上ります。こういった結果が出たのも、今後政府システムにブロックチェーン技術を活用していく前触れなのかもしれません。『電子政府体制』を前提とした運営がされることでしょう。

技術の進歩により、安全な仮想通貨取引を行えるようになる

仮想通貨の取引には多くの危険が存在します。データ上での取引なので、少しの不具合でも消滅してしまう可能性があるんです。たとえば、送金の方法を少しでも間違えてしまうと最悪の場合、全て消滅して二度と元に戻らないことがあります。いわゆる、仮想通貨業界でも忘れられない流出事件『マウントゴックス事件』を引用して作られた言葉『セルフゴックス』が起こってしまう可能性は日常的にあるんです。

そうならないためにも、まずはしっかりと管理を徹底しましょう。送金の際には、どの仮想通貨を送金するのか、送金先が仮想通貨取引所なのかウォレットなのか、送金方法は合っているのか、全てに注意しておく必要があります。セルフゴックスの場合、補償してくれる人はいません。取引所によっては対応してくれることもありますが、海外の取引所の場合は時間も多く掛かりますし、対応すらしてくれないところもあるでしょう。

こういったミスは、取引所ではなく自分で仮想通貨を保管している人に起こりやすいです。仮想通貨取引所の管理に不安を覚えている人は、自分で管理をしていることが多いです。確かに、自分でコールドウォレットを使用した管理の方がハッキングの被害は大幅に減ると思います。その分、セルフゴックスを引き起こす可能性が高いのです。管理だけではなく、全ての取引に関して集中するようにしてください。

セキュリティの向上によって、仮想通貨取引所での管理能力も上がっています。それでも、ハッキング被害が発生してしまうこともあるでしょう。取引所との取引を考えている人は、その中でもセキュリティ対策を万全にしているところを選ぶようにしてください。仮想通貨を守るのに一番大切なのは、自分自身のセキュリティ意識を向上させることです。

まとめ

仮想通貨は、ハッキングや流出の恐れからは抜け出せません。しかし、対処する方法は多く存在しているのです。今後も仮想通貨は注目されていくでしょう。それだけの価値と将来性があります。

それだけハッカーなどの悪用を考える人も出てきます、そのような人たちに盗まれないためにも、自分で出来ることは最低限やっておきましょう。少しの意識向上が大きなセキュリティになることもあるのです。