高校・専門学校工芸菓子展示

未来の菓子職人たちがつくるお菓子の世界

<専門学校>

  • 学校法人 伊勢学園
    伊勢調理製菓専門学校
  • 学校法人 大川学園
    三重調理専門学校
  • 学校法人 大橋学園
    ユマニテク調理製菓
    専門学校

<高等学校>

  • 三重県立
    明野高等学校
  • 三重県立
    相可高等学校
  • 三重県立
    久居農林高等学校
  • 三重県立
    四日市農芸高等学校

三重県内の高校・専門学校生たちがはじめての工芸菓子作品にチャレンジ!

日本最大級のお菓子の祭典のために、三重県内の菓子職人たちがシンボル展示の巨大工芸菓子制作に取り組みはじめた頃、県内の高校・専門学校生たちにも、新たなチャンスが訪れていた。
100年以上の歴史ある博覧会、しかも約4年に一度の開催を地元三重で迎えられるというまたとない機会。
菓子職人を目指している高校・専門学校生はもちろん、お菓子づくりに興味のある学生たちも“ぜひ行きたい”と思っただろうが、そこから一歩踏み出して参加者として菓子博に関わってもらおう、という声が上がった。
学生による工芸菓子作品の制作と展示。
過去実施された菓子博ではみられなかった、はじめての試みがはじまった。

それぞれの感性とお菓子の作品で三重の魅力をお伝えします。

県内の学校へ、菓子博への参加を打診したところ、7校の参加が決まった。
調理や製菓を専門とする3つの専門学校と、料理や製菓で地元を盛り上げる4つの高校が、三重ならではの食材をテーマに各校が趣向を凝らす。
現役の菓子職人でさえ大変な工芸菓子作品。
それをはじめて挑戦する高校・専門学校生たちが菓子博という舞台でデビューするのだから大変さははかりしれない。
素材は?道具は?何を?どうやって?
そんな試行錯誤から、学生たちがどんな思いで工芸菓子に向き合ったのか、その一端を紹介します。
努力の集大成は、ぜひ会場でご覧ください。